イミダゾールペプチド(イミダペプチド)と自律神経

イミダゾールペプチドと自律神経

イミダゾールペプチドイミダペプチド)には、
自律神経の疲労を改善する効果・効能があります。

 

 

自律神経とは、生命活動に必要な循環器や消化器、
呼吸器などの働きを調整するために、24時間働き続けている神経です。

 

 

自律神経には、昼間に活発になる交感神経と、夜に活発になる副交感神経があります。

 

 

この自律神経ですが、不規則な生活や極度の疲労、
ストレスによって自律神経が乱れると、様々な不調がでてきます。

 

 

◆自律神経の乱れによって起こる疾患
@自律神経失調症
吐き気、多汗、全身の倦怠感、頭痛、肩こり、手足のしびれ、
動悸、不整脈、めまい、不眠などの症状があらわれます。

 

A過敏性腸症候群
腹痛をともなう下痢や便秘などを引き起こします。

 

B神経性胃炎
胃酸が過剰に分泌され、気分が落ち込む、のどのつかえ、
胸やけ、胃痛、胃のもたれるなどの胃炎の症状を引き起こします。

 

C過呼吸症候群(過換気症候群)
浅く速い呼吸を繰り返す疾患で、動悸、酸欠状態のような息苦しさ、
めまい、手足のしびれや筋肉のこわばりなどが生じます。

 

Dメニエール病
内耳のリンパ液の異常により、めまい、耳鳴り、難聴が同時に起き、
ほとんどの場合、強い吐き気や嘔吐をともないます。

 

 

この自律神経の乱れにも、イミダゾールペプチド(イミダペプチド)は効果・効能が期待できます。

 

 

イミダゾールペプチド(イミダペプチド)は、特に自律神経の疲労に効果を発揮します。

 

 

抗酸化成分で有名なポリフェノールやビタミンCも
自律神経の疲労に効果があるとされていますが、
これらは摂取後数時間しか体内に存在できません。

 

 

そのため、自律神経中枢がのある脳にほとんど届きません。

 

 

つまり、効果があまり見込めないのです。

 

 

ところが、イミダゾールペプチド(イミダペプチド)は、
これらの抗酸化成分に比べ、脳まで作用するとされています。

 

 

イミダゾールペプチド(イミダペプチド)は体内へ吸収されると、
βアラニンとヒスチジンというアミノ酸に分解され、体の各部位において再合成されます。

 

 

この再合成を促す酵素が、脳と骨格筋に豊富に存在するのです。

 

 

つまり、吸収されたイミダゾールペプチド(イミダペプチド)は、
脳や骨格筋において再合成され、そこで疲労の回復を行うのです。

 

 

イミダゾールペプチド(イミダペプチド)は、
脳の自律神経中枢において、効率的に自律神経の疲労を回復してくれるのです。