イミダゾールペプチド(イミダペプチド)と動脈硬化

イミダゾールペプチドと動脈硬化

イミダゾールペプチドイミダペプチド)は、動脈硬化の予防に効果が期待されています。

 

 

そもそも動脈硬化とは、様々な原因で動脈が硬くなることをいいます。

 

 

◆主な動脈硬化の原因
・高血圧
・脂質異常症(高脂血症)
・糖尿病
・肥満
・喫煙
・運動不足
・偏った食事(塩分や糖分の過剰摂取)
・アルコール
・加齢
・ストレス
・処方箋などの科学薬剤

 

動脈が硬くなると、血管の柔軟性が失われるため、
血液の循環が滞り、その結果、心臓に負担をかけてしまいます。

 

 

また、動脈硬化になると、血管がもろくなったり、弾力性を失ったりして、
血管の中に血栓やコレステロールなどが詰まり易くなります。

 

 

ちなみに、血管の内側が狭くなると、
酸素や栄養が運ばれにくくなり、臓器や細胞組織が正しく機能しなくなります。

 

 

この代表的な病名として、狭心症が上げられます。

 

 

さらに血管が詰まってしまうと
臓器や組織に血液自体が流れず、その先の毛細血管が壊死してしまいます。

 

 

この代表的な病名としては、脳梗塞や心筋梗塞が上げられます。

 

 

◆動脈硬化による上記以外の病気の可能性
・高血圧
・心肥大
・心不全動脈瘤、
・下肢閉塞性動脈硬化症
・クモ膜下出血

 

 

◆動脈硬化の改善方法
@適正な運動
トレーニングや激しい運動などの無酸素運動は血管を固くするため、
血管を柔軟にする働きのある有酸素運動を行いましょう。

 

Aバランスの良い食事
血管を固くする原因として、塩分、糖分、アルコール、脂質などの過剰摂取があります。

 

B漢方薬の利用
動脈硬化になると、一般的に病院に行き、薬を処方されます。
この処方薬は症状を抑えてはくれますが、治してはくれません。
さらには、血管を柔軟にする効果はなく、長期の処方薬の服用は、
逆に血管を硬くする原因にもなり、合併症の予防にもなりません。
これとは違い、漢方薬は血管自体を柔軟にしてくれる効果があり、
さらには、血液自体を質の良い血液にしてくれ、処方薬の副作用も抑えてくれます。

 

C動脈硬化の原因となる基礎疾患の改善
動脈硬化の一番の原因は高血圧などの基礎疾患です。
この基礎疾患を改善しなければ、動脈硬化の改善も見込めません。
特に、高血圧の改善が、動脈硬化の予防や改善に繋がるでしょう。

 

 

上記の動脈硬化の改善方法に、
イミダゾールペプチド(イミダペプチド)を加えてみてはいかがでしょうか。

 

 

イミダゾールペプチド(イミダペプチド)は、
高血圧の改善や予防に効果が期待されていいることから、
動脈硬化の一番の原因である高血圧に良いとされています。

 

 

このイミダゾールペプチド(イミダペプチド)は、
肉体疲労やストレスなどを原因とする、自律神経の乱れからくる
高血圧の改善や予防に効果・効能があります。