イミダゾールペプチド(イミダペプチド)と筋肉痛

イミダゾールペプチドと筋肉痛

イミダゾールペプチドイミダペプチド)は、筋肉痛の軽減に効果・効能があります。

 

 

筋肉痛は、一般的に運動をした後に起こる筋肉の痛みをいいます。

 

 

筋肉痛には、運動に関連する筋肉痛や病気に関連する筋肉痛があります。

 

 

ここでいう筋肉痛は、運動後に起こる「遅発性筋痛」のことをいいます。

 

 

遅発性筋肉痛は、運動時ではなく、
数時間後〜翌々日にかけて遅れて発症します。

 

 

この遅発性筋痛の原因は、未だにはっきりと明らかになっていません。

 

 

以前までは、筋肉中に乳酸が溜まって起こるとされていましたが、
最近では、傷ついた筋肉の繊維を修復過程で起こるとされているようです。

 

 

また、筋肉痛には、運動により筋線維が傷つく「筋損傷」と
筋肉の使い過ぎでおこる「筋疲労」の2つがあるとされています。

 

 

◆筋損傷による筋肉痛のメカニズム
@ハードな運動などによって筋線維に、細かな傷ができる。
A傷を修復しようと白血球などの影響で炎症が起こる。
B炎症によりプロスタグランジン、ヒスタミン、セロトニン、
 ブラジキニンなどが生産され、筋膜を刺激して痛みを感じる。

 

 

◆筋疲労による筋肉痛のメカニズム
@ハードな運動により、筋肉中のグリコーゲンが乳酸に分解されて
 エネルギーが作られ、このときに放出された水素イオンによって、
 筋肉のpHが酸性に傾いてしまいます。
A筋肉が酸性になると、筋小胞体からの
 カルシウムイオンの放出が妨げられ、筋肉が収縮しにくくなります。
Bその結果、筋肉のパフォーマンスの低下を招きます。

 

 

人間には本来、筋肉のpHを一定に保つ働きがありますが、
イミダゾールペプチド(イミダペプチド)には、それを助ける効果があります。

 

 

また、運動後の筋損傷による筋肉痛の軽減にも効果があるとされています。

 

 

実際の実験では、イミダゾールペプチド(イミダペプチド)を摂取したグループと、
偽薬を摂取したグループとで、運動後の筋肉痛の変化を見る研究が行われました。

 

 

すると、イミダゾールペプチド(イミダペプチド)を摂取したグループのほうが、
明らかに、筋肉痛や筋疲労の発症度合いが低いという結果がでたそうです。

 

 

効率的に、筋肉痛や疲労を回復し、
筋肉のパフォーマンスの向上を目的とするならば、
イミダゾールペプチド(イミダペプチド)は最適といえます。