イミダゾールペプチドの摂取量

イミダゾールペプチドの摂取量

イミダゾールペプチドの一日の摂取量はどれくらい必要なのでしょうか?

 

 

ちなみに、イミダゾールペプチド自体は、生活するうえにおいて、
必須の栄養素ではないので、一日の必要量は義務づけられておりません。

 

 

ちなみにイミダゾールペプチドは、
1日あたり約200〜400mgの摂取量が理想とされています。

 

 

イミダゾールペプチドを摂取する方法としては、
食品、もしくはサプリメントからの摂取となります。

 

 

食品のなかでも、効率的に
イミダゾールペプチドを摂取できるのが鶏むね肉や回遊魚です。

 

 

<主な食品のイミダゾールペプチド含有量(100g中)>
鶏むね肉   1223mg
豚もも肉   833mg
牛もも肉   265mg
カツオ    811mg
マグロ    767mg
※資料提供:日本予防医薬

 

 

食品からの摂取は、サプリメントに比べ吸収率が悪いため、
上記の食品を食べても、全てのイミダゾールペプチドが吸収されるわけではありません。

 

 

また、食品からの摂取においては、
調理方法によって、イミダゾールペプチドの摂取量が異なってきます。

 

 

食品を焼いたり、炒めたりする調理法では、イミダゾールペプチドが摂取しにくいため、
効率的に摂取するには、鶏胸肉をじっくり煮込んだスープが理想とされています。

 

 

鶏胸肉をじっくりと煮込むことで、
イミダゾールペプチドがスープに抽出されやすくなります。

 

 

鶏むね肉であれば、一日100g程度摂取すると、
体内に吸収されるイミダゾールペプチドは約200〜400mgほどとされています。

 

 

サプリメントの場合は、製品によってことなりますが、
推奨されている一日の摂取量は200〜400mgになっておりますので、
用法・用量を守れば、安全に効率的に摂取することができます。

 

 

◆イミダゾールペプチドの成分の摂取量
イミダゾールペプチド(イミダペプチド)といわれる成分は大きく分けて3種類あり、
アンセリンやカルノシン、バレニンなどがこれに含まれます。

 

@アンセリン
 特に決まっている摂取量は無いとされていますが、
 サプリメントの表記を見れば、各メーカにおいて、1日あたり50mg程度となっています。

 

Aカルノシン
 特に決まっている摂取量は無いとされていますが、
 サプリメントの表記を見れば、各メーカにおいて、1日あたり500mg程度となっています。

 

Bバレニン
 特に決まっている摂取量は無いとされていますが、
 サプリメント自体も少なく、バレニン単体での製品もほとんどありません。