イミダゾールペプチド(イミダペプチド)と食品

イミダゾールペプチドと食品

イミダゾールペプチドイミダペプチド)は食品に含まれている成分なので、
サプリメントだけでなく、食品からも摂取することができます。

 

 

では、どんな食品にイミダゾールペプチド(イミダペプチド)が多く含まれているのでしょうか。

 

 

◆鶏肉
イミダゾールペプチド(イミダペプチド)の中でも、
鶏肉には、このカルノシンが多く含まれていることが分かっています。

 

特に鶏肉の胸肉にイミダゾールペプチド(イミダペプチド)多く含まれています。

 

カルノシンは持久力のパフォーマンスの向上や、瞬発力の向上も期待できます。

 

また、以下のような効果・効能があります。
・抗酸化作用
・心臓病の予防
・統合失調症の改善
・アンチエイジング

 

 

◆マグロやカツオ
イミダゾールペプチド(イミダペプチド)の中でも、
マグロやカツオには、このアンセリンが多く含まれていることが分かっています。

 

特に、尾びれにイミダゾールペプチド(イミダペプチド)が多く含まれています。

 

アンセリンは持久力の向上や、運動能力のの向上が期待できます。

 

・抗疲労効果
・抗酸化作用
・血圧降下作用
・抗炎症作用
・尿酸値降下作用

 

 

◆クジラ
イミダゾールペプチド(イミダペプチド)の中でも、
クジラには、このバレニンが多く含まれていることが分かっています。 

 

バレニンは、乳酸の蓄積を抑制し、持久力の向上が期待できます。

 

また、以下のような効果・効能があります。
・抗疲労効果
・抗酸化作用
・脂肪燃焼させる効果
・自律神経を調整。
・認知症の予防

 

 

◆牛肉や豚肉
イミダゾールペプチド(イミダペプチド)の中でも、
牛肉や豚肉には、このバレニンが多く含まれていることが分かっています。 

 

カルノシンは持久力のパフォーマンスの向上や、瞬発力の向上も期待できます。

 

また、以下のような効果・効能があります。
・抗酸化作用
・心臓病の予防
・統合失調症の改善
・アンチエイジング

 

 

◆羊
イミダゾールペプチド(イミダペプチド)の中でも、
羊には、このカルノシンとアンセリンが同等の割合で含まれています。 

 

つまりは、カルノシンとアンセリンの両方の効果・効能が期待できます。

 

 

◆調理方法
イミダゾールペプチド(イミダペプチド)は熱に強い成分なので、
煮る、焼く、蒸す、揚げるなど、どんな調理法でも良いとされています。

 

特に、イミダゾールペプチド(イミダペプチド)を効率良く吸収できる調理法は「煮る」ことです。

 

上記の食品を煮込んで、スープごと食べるのが最も良いとされています。