イミダゾールペプチドの摂取方法

イミダゾールペプチドの摂取方法

イミダゾールペプチド摂取方法は、
食事からの摂取方法とサプリメントからの摂取方法の2通りになると思います。

 

 

イミダゾールペプチドは、1日あたり約200〜400mgの摂取が理想です。

 

 

この摂取量を、食事やサプリメントで摂取する必要があります。

 

 

◆食事からのイミダゾールペプチドの摂取方法

 

食品のなかでも、効率的にイミダゾールペプチドを摂取できるのが鶏むね肉や回遊魚です。

 

中でも、イミダゾールペプチドが豊富なのは鶏むね肉で、
約100g中からイミダゾールペプチドが約約200〜400mgほど摂取できるとされています。

 

イミダゾールペプチドは熱に強い成分なので、
煮る、焼く、蒸す、揚げるなど、どんな調理法でも良いとされています。

 

特に、イミダゾールペプチドを効率良く吸収できる調理法は「煮る」ことです。

 

鶏むね肉を煮込んで、スープごと食べるのが最も良いとされています。

 

鶏むね肉が苦手な人の場合は、鶏むね肉以外の食品から
イミダゾールペプチド摂取することも可能です。

 

鶏むね肉に比べると含有量は減ってしまうのですが、
豚もも肉、カツオ、マグロ、クジラ肉にもイミダゾールペプチドがたくさん含まれています。

 

摂取量としは、これらを毎日100gほど摂取していくと良いでしょう。

 

鶏むね肉だけでは飽きてしまう場合は、
豚もも肉、カツオ、マグロ、クジラ肉などをサイクルさせるように摂取してもよいでしょう。

 

摂取期間としては、最低でも2週間以上は摂取しましょう。

 

 

◆サプリメントからのイミダゾールペプチド摂取方法
イミダゾールペプチドを手軽に摂取したいのであれば、サプリメントから摂取をおすすめします。

 

イミダゾールペプチドのサプリメントは、
ドリンクタイプ、カプセルタイプ、錠剤タイプと様々です。

 

どのタイプも基本的には同じ成分である為、
どれでイミダゾールペプチドを摂取するのかは好みです。

 

ただし、1つだけ違うといえば、成分の吸収スピードです。

 

液体のほうが吸収スピードが早いため、
体にすばやく成分を摂取させたい場合には、ドリンクタイプを選びましょう。

 

また、一回あたりの摂取量として、
約200〜400mgをきちんと摂取できるような製品を選びましょう。

 

中には、粗悪な製品もありますので、含有量を確認しましょう。

 

また、サプリメントでの摂取の場合も、
摂取期間としては、最低でも2週間以上は摂取しましょう。

 

 

◆イミダゾールペプチドの摂取タイミング
イミダゾールペプチドの摂取タイミングは、
運動・仕事前、就寝前の2通りが基本となります。

 

特に、運動前の摂取の場合、運動中に蓄積する乳酸を抑え、
疲労や筋肉痛の発生自体を抑制することができるのです。

 

また、人は就寝中に様々な体の調整や回復を行いますので、
就寝前にイミダゾールペプチドを摂取すると、
通常よりも効率的に体力や体調を整えてくれます。