イミダゾールペプチドの副作用と効果・効能

イミダゾールペプチドの副作用と効果・効能

イミダゾールペプチドの副作用と効果・効能

 

イミダゾールペプチドとは

イミダゾールペプチドとは、2つ以上のアミノ酸が結合したペプチド状の成分で、
特に動物の筋肉中に多く存在し、心臓、肝臓、腎臓、脳、骨格筋などに含まれています。

 

 

特に渡り鳥や、マグロ、カツオなどの鳥類や魚類の筋肉に
イミダゾールペプチドが多く含まれています。

 

 

渡り鳥が不眠不休で何千キロも飛べる事や、
マグロ、カツオなどが長距離を泳ぎ続けることができるのも
イミダゾールペプチドの働きによるものです。

 

 

イミダゾールペプチドといわれる成分は大きく分けて3種類あり、
アンセリンやカルノシン、バレニンなどがこれに含まれます。

 

詳しくは、「イミダゾールペプチドとは」へ

 

 

イミダゾールペプチドの副作用

 

イミダゾールペプチドには、副作用はあるのでしょうか?

 

 

最近、話題の栄養成分であるイミダゾールペプチドですが、
健康や体調不良の改善ために摂取してみようかなと思っている方は多いでしょう。

 

 

イミダゾールペプチドは食品なので、基本的には副作用はありません。

 

 

ただし、安全性は高いとはいえ、何事も適度な摂取量というものがあります。

 

 

イミダゾールペプチド自体の過剰摂取と、
イミダゾールペプチドの構成成分の過剰摂取には注意が必要かもしれません。

 

詳しくは。「イミダゾールペプチドの副作用」へ

 

イミダゾールペプチドの効果・効能

 

イミダゾールペプチドには、様々な効果効能があります。

 

・疲労回復効果
・筋肉痛の軽減効果
・自律神経の疲労回復効果
・運動能力を向上効果
・老化予防効果
・生活習慣病の予防・改善効果